「案山子(かかし)

さだまさし作詞・作曲

戻 る



元気でいるか 街には慣れたか
友達 出来たか 寂(さび)しかないか
お金はあるか 今度いつ帰る

城跡(しろあと)から見下(みおろ)せば 蒼(あお)く細い河
橋のたもとに 造り酒屋のレンガ煙突
この町を綿菓子(わたがし)に 染め抜いた雪が
消えれば お前がここを出てから 初めての春

手紙が無理なら 電話でもいい
「金頼む」の一言(ひとこと)でもいい
お前の笑顔を待ちわびる
おふくろに聴かせてやってくれ

元気でいるか 街には慣れたか
友達 出来たか 寂しかないか
お金はあるか 今度いつ帰る

山の麓(ふもと) 煙吐いて 列車が走る
(こがらし)が雑木林(ぞうきばやし)を 転(ころ)げ落ちてくる
銀色の毛布つけた田圃(たんぼ)に ぽつり
置き去られて 雪をかぶった 案山子(かかし)がひとつ
おまえも都会の雪景色の中で
丁度(ちょうど)あの案山子の様に
寂しい思い してはいないか
体を こわしてはいないか

手紙が無理なら 電話でもいい
「金頼む」の一言でもいい
お前の笑顔を待ちわびる
おふくろに聴かせてやってくれ

元気でいるか 街には慣れたか
友達 出来たか 寂しかないか
お金はあるか 今度いつ帰る
寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る


戻 る