「いつも何度でも」

──『千と千尋の神隠し』より──

覚和歌子作詞・木村弓作曲

戻 る



呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも心踊る 夢を見たい

かなしみは 数えきれないけれど
その向こうできっと あなたに会える
繰り返すあやまちの そのたび ひとは
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は 光を抱(いだ)ける

さよならのときの 静かな胸
ゼロになるからだが 耳をすませる

生きている不思議 死んでいく不思議
花も風も街も みんなおなじ

ララ ラ ラ ラ ラ ララララ ラ ラ ラ ラ ララララ
ラ ラ ララ ラ ラ ララ ラ ララララ ラ
ホホ ホ ホ ホ ホ ホホホホ
ルン ルン ルン ルルルルルル
ルン ルルルル ルン ルン ルル ルン ルル ル

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも何度でも 夢を描こう

かなしみの数を 言い尽くすより
同じくちびるで そっと歌おう

閉じていく思い出の そのなかにいつも
忘れたくない ささやきを聞く
こなごなに砕かれた 鏡の上にも
新しい景色が 映される

はじまりの朝の 静かな窓
ゼロになるからだ 充(み)たされてゆけ

海の彼方(かなた)には もう探さない
輝くものは いつもここに
わたしのなかに 見つけられたから

ララ ラ ラ ラ ラ ララララ ラ ラ ラ ラ ララララ
ラ ラ ララ ラ ラ ララ ラ ララララ ラ
ホホ ホ ホ ホ ホ ホホホホ
ルン ルン ルン ルルルルルル
ルン ルルルル ルン ルン ルル ルン ルル ル


戻 る