「家路」

野上彰作詞・ドボルザーク作曲(「新世界から」より)

戻 る



響きわたる 鐘の音に
小屋に帰る 羊たち
夕日落ちた ふるさとの
道に立てば なつかしく
ひとつひとつ 思い出の
草よ 花よ 過ぎし日よ
過ぎし日よ

やがて夜の 訪れに
星のかげも 見えそめた
草の露に ぬれながら
つえをついて 辿るのは
年を老いて 待ちわびる
森の中の 母の家
母の家

堀内敬三作詞の「遠き山に日は落ちて」はこちらです。


戻 る