「ほととぎす」

近藤朔風作詞・ライトン作曲

戻 る



1.
おぐらき夜半(よわ)を 独(ひと)りゆけば
雲よりしばし 月はもれて
ひと声いずこ 鳴くほととぎす
見かえる瞬間(ひま)に 姿(すがた)消えぬ
夢かとばかり 尚(なお)もゆけば
またも行手(ゆくて)(注3) 暗(やみ)はおりぬ

2.(注4)
別れし友よ 今はいずこ(注5)
今宵の月に 君を想えば
心は虚(うつ)ろ 思い出消えず
悩める胸に 返るは彼(か)の日
星影たより ともに語りし
昔の言葉 今ぞ偲(しの)

(注1) 原詩「Her Bright Smile Haunts me Still」はこちら。
(注2) 同じメロディで犬童球渓の「秋夜懐友」はこちら。
(注3) 下線部分は、「行手(ゆくて)にまたも」と表記した歌集もあるそうです。
(注4) 2番の歌詞は、横須賀市の杉田さんに教えていただきました。感謝。m(..)m (2008/07/19)
(注5) 2番の歌詞の1行目、下線部分を「今いずこ」と誤記していました。
東大阪市の山本汎昭さん、ご指摘ありがとうございます。(2014/01/14)


戻 る