「蛍(ほたる)

井上赳作詞・下総皖一作曲/文部省唱歌(三年)

戻 る



(ほたる)のやどは川ばた楊(やなぎ)
楊おぼろに夕やみ寄せて、
川の目高(めだか)が夢見る頃は、
ほ、ほ、ほたるが灯をともす。

川風そよぐ、楊もそよぐ、
そよぐ楊に蛍がゆれて、
山の三日月隠れる頃は、
ほ、ほ、ほたるが飛んで出る。

川原のおもは五月(さつき)の闇夜(やみよ)
かなたこなたに友よび集(つど)い、
むれて蛍の大まり小まり、
ほ、ほ、ほたるが飛んで行く。


戻 る