「人を恋うる歌」

与謝野鉄幹作詞・奥好義(おく・よしいさ)作曲(?)

戻 る



妻をめとらば才たけて
みめうるわしく情(なさけ)ある
友をえらばば書を読みて
六分(りくぶ)の侠気(きょうき) 四分の熱

恋のいのちをたずぬれば
名を惜しむかな男(お)の子ゆえ
友の情をたずぬれば
義のあるところ火をも踏む

ああわれコレッジの奇才(きさい)なく
バイロン ハイネの熱なきも
石をいだきて野にうたう
芭蕉(ばしょう)のさびをよろこばず

上記の歌詞は、全16節のうちの1,2,4番の3節です。 全16節はこちらへ
「六分」は、(ろくぶ)とふりがなを付してあるものもあるようです。


戻 る