「久しき昔」

近藤朔風訳詞・イングランド民謡

戻 る



(同じ訳者の異なる詞があるようです)

語れ愛(め)でし真心(まごころ) 久しき昔の
歌え床(ゆか)し調べを 過ぎし昔の
(なれ)帰りぬ ああうれし
永き別れ ああ夢か
愛ずる思い変わらず 久しき今も

逢いし小径(こみち)忘れじ 久しき昔の
な忘れそと告げたる 過ぎし昔の
(な)がえまい 人にほめ
汝が語る 愛に酔う
やさし言葉なお胸に 久しき今も

いよよ燃ゆる情(こころ)や 久しき昔の
語る面(おも)は床しや 過ぎし昔の
永く汝(なれ)と 別れて
いよよ知りぬ 真心
ともにあらば楽しや 久しき今も

同じメロディの「思い出」はこちらへ。
原詞(Long, Long Ago )はこちらへ。


戻 る