「春爛漫の花の色」

矢野勘治作詞・豊原雄太郎作曲

戻 る




春爛漫(らんまん)の花の色
紫匂う雲間(くもま)より
(くれない)深き朝日影(あさひかげ)
長閑(のど)けき光さし添えば
鳥は囀(さえず)り蝶は舞い
散り来る花も光あり


秋玲瓏(れいろう)の夕紅葉(ゆうもみじ)
山の端(は)近くかぎろえる
血汐(ちしお)の色の夕日影
岡の紅葉にうつろえば
錦栄えある心地して
入相(いりあい)の鐘暮れて行く


それ濁流に魚(うお)住まず
秀麗の地に健児あり
勤倹尚武(しょうぶ)の旗の色
自治共同の笛の声
白雲(しらくも)なびく向陵(こうりょう)
(こも)るも久し十余年


鳴呼(ああ)衰えぬ東洋の
二千余載(よさい)の君子国
銀鞍(ぎんあん)白馬(はくば)(か)を衒(てら)
翠袖(きんしゅう)玉釵(ぎょくさ)美をつくし
栄華の夢をむさぼりて
文明の化(か)に人酔えり


港を遠(とお)み夜(よ)はくらく
さかまく怒濤(どとう)の大洋に
(こ)の葉の如く漂(ただよ)える
(かじ)の緒(お)絶えたる小舟(おぶね)すら
遙かに見ゆる明星(みょうじょう)
光に行手(ゆくて)を定むなり


自治の光は常闇(とこやみ)
国を照せる北斗星
大和島根の人々の
心の梶を定むなり
(も)し夫(そ)れ自治のあらずんば
この国民(くにたみ)を如何(いか)にせん


戻 る