「■花まつり」

薩摩忠作詞・アルゼンチン民謡

戻 る



ぬるんだ水に 春の陽(ひ)はうかび
小川の水に 春の歌がゆれる
小舟は花束を 積んではしる
鳥たちもさえずるよ 森のこかげ
花輪を組み合わせて 心と胸をかざろう

水色のそよ風は ほほをなぜて
ふりそそぐ花ふぶき 花の雨よ
今宵は楽しい 春の花まつり
歌って踊る 春の花まつり
タンララ ランラン タンララ ランラン
タンララ ランラン ラ
タンララ ランラン タンララ ランラン
タンララ ランラン ラ

やさしき星は 夜の空かざり
かがり火もえて 夜の空こがす
七色(なないろ)に花ひらく 空の花火
はなやかにふけゆく 夢の夜よ
タララ タララ タラ


戻 る