「花」

武島羽衣作詞・滝廉太郎作曲

戻 る



春のうららの隅田川(すみだがわ)
のぼりくだりの船人が
(かひ)のしづくも花と散る、
ながめを何にたとふべき。

見ずやあけぼの露浴びて、
われにもの言ふ桜木(さくらぎ)を、
見ずや夕ぐれ手をのべて、
われさしまねく青柳(あおやぎ)を。

(にしき)おりなす長堤(ちょうてい)
くるればのぼるおぼろ月。
げに一刻も千金の
ながめを何にたとふべき。


戻 る