「奈良県立郡山高等学校校歌」

岡本敬子作詞・山岸貞一作曲

戻 る



生駒嶺(いこまね)遠く 仰ぎみて
さみどり匂ふ 山々を
国の最中(もなか)と めぐらせる
冠山城頭(かんざんじょうとう) かげ高く
希望に満ちて 学び行く
あゝ 郡高(ぐんこう)に 光あり。

歴史はかをる 桜花
花らんまんの 校風を
ともに誓ひの 手をとりて
はげむ力も ひたすらに
真理の扉 ひらき行く
あゝ 郡高に ほこりあり。

心ゆたけき 学び舎(や)
若き命の つどふとき
世界に高く かゝげたる
未来の文化 になふ身の
理想にもゆる まゆ清し
あゝ 郡高に ほまれあり。


郡高音頭はコーヒーカップをクリック。


戻 る