「五十音」

北原白秋作詞・下総皖一作曲/大正12年(詞)

戻 る



水馬(あめんぼ)赤いな ア イ ウ エ オ
浮藻(うきも)に小蝦(こえび)も およいでる

柿の木 栗の木 カ キ ク ケ コ
啄木鳥(きつつき)こつこつ 枯けやき

大角豆(ささげ)に酸(す)をかけ サ シ ス セ ソ
その魚(うお)浅瀬で刺しました

立ちましょ 喇叭(ラッパ)で タ チ ツ テ ト
トテトテタッタと 飛び立った

蛞蝓(なめくじ)のろのろ ナ ニ ヌ ネ ノ
納戸(なんど)にぬめって なにねばる

鳩ぽっぽ ほろほろ ハ ヒ フ ヘ ホ
日向(ひなた)のお部屋にゃ 笛を吹く

蝸牛(まいまい) 螺旋巻(ねじまき) マ ミ ム メ モ
梅の実 落ちても 見もしまい

焼栗 ゆで栗 ヤ イ ユ エ ヨ
山田に灯のつく 宵の家

雷鳥は寒かろ ラ リ ル レ ロ
蓮花(れんげ)が咲いたら 瑠璃(るり)の鳥

わい わい わっしょい ワ ヰ ウ ヱ ヲ
植木屋(うゑきや) 井戸換(ゐどが)え お祭だ


戻 る