「冬の夜」

作詞作曲者不詳/文部省唱歌(三年)

戻 る



燈火(ともしび)近く衣(きぬ)(ぬ)う母は
春の遊びの、楽しさ語る。
居並(いなら)ぶ子どもは指を折りつつ
日数(ひかず)かぞえて喜び勇む。
囲炉裏(いろりび)はとろとろ
外は吹雪(ふぶき)

囲炉裏のはたで縄(なわ)なう父は
過ぎしいくさの手柄(てがら)を語る。
居並ぶ子どもはねむさ忘れて
耳を傾(かたむ)けこぶしを握(にぎ)る。
囲炉裏火はとろとろ
外は吹雪


2番の歌詞の「過ぎしいくさの手柄を語る」の部分は、戦後の小学校では「過ぎしむかしの思い出語る」と教えていました。


戻 る