「遠足」

佐野保太郎作詞・信時潔作曲/文部省唱歌/昭和7年

戻 る



鳴くやひばりの 声うららかに
かげろうもえて 野は晴れわたる
いざや 我が友 うち連れ行かん
今日はうれしき 遠足の日よ

右に見ゆるは 名高き御寺(みてら)
左に遠く かすむは古城(こじょう)
春は絵のごと 我等をめぐる
今日はたのしき 遠足の日よ

たどりつきたる 峠の上に
菜の花におう里 見下(みおろ)して
笑いさざめく ひるげのむしろ
今日はうれしき 遠足の日よ

風は音なく やなぎをわたり
船は静かに 我等をのせて
行くは何処(いずこ)ぞ 桃さく村へ
今日はたのしき 遠足の日よ


戻 る