「デカンショ節」

兵庫県篠山市民謡

戻 る



丹波篠山 山家の猿が
ア ヨイヨイ
花のお江戸で 芝居する
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

酒は飲め飲め 茶釜でわかせ
ア ヨイヨイ
お神酒あがらぬ 神はない
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

霧の海から 丹波の富士が
ア ヨイヨイ
ぼかし絵の様に 浮び出る
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

灘のお酒は どなたが造る
ア ヨイヨイ
おらが自慢の 丹波杜氏
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

雪はちらちら 丹波の宿に
ア ヨイヨイ
猪がとびこむ 牡丹鍋
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

デカンショデカンショで 半年暮らす
ア ヨイヨイ
あとの半年寝て暮らす
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

丹波篠山 鳳鳴の塾で
ア ヨイヨイ
文武きたえし美少年
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

寒さしのんで 作りし酒で
ア ヨイヨイ
春は三三九度の式
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

私ゃ丹波の かち栗育ち
ア ヨイヨイ
中に甘みも 渋もある
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

丹波篠山 その山奥で
ア ヨイヨイ
一人米つく 水車
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

一人米つく あの水車
ア ヨイヨイ
誰を待つやら くるくると
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

向うのお山の 紅葉が赤い
ア ヨイヨイ
あれが落ちたら 雪になる
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

今年初めて 我が子の踊り
ア ヨイヨイ
ほめて下さい お月様
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

お国問われて 肩いからせて
ア ヨイヨイ
俺は丹波の 篠山だ
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

ほりの桜が 咲いたよ咲いた
ア ヨイヨイ
城下一面 花吹雪
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

踊り疲れて 家路に向かう
ア ヨイヨイ
頬に夜霧の 心地よさ
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

涼みしよとて 出てきた娘
ア ヨイヨイ
またも音頭で 汗をかく
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

ボート浮かべて お濠の花見
ア ヨイヨイ
流す浮き名を こいでゆく
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

風が吹く吹く 篠山城の ア ヨイヨイ
松に武勇の 声高く
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

踊り踊るなら 浮かれて踊れ
ア ヨイヨイ
あすの仕事は あすのこと
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

月が呼んだか 呼ばれて来たか
ア ヨイヨイ
踊り仲間が ちらほらと
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

あの娘可愛いや霧ふる夜は
ア ヨイヨイ
たもとぬらして 逢いに来る
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

姉も妹も デカンショ浴衣
ア ヨイヨイ
どれが姉やら 妹やら
ヨーオイヨーオイ デッカンショ

デカンショデカンショで 歌うて回れ
ア ヨイヨイ
世界いずこの 果てまでも
ヨーオイヨーオイ デッカンショ


戻 る