「ぶたが逃げた」

宮沢章二作詞・小田啓義作曲

戻 る



ぶたが 逃げた
ぶたが 逃げた
こぶたが 逃げた
町へ売られた おやぶた追って
こぶたが 逃げた
逃げたとて 逃げたとて
のろまな こぶた
日暮れのカラスに 笑われて
夕日を見つめて いるだけだ

ぶたが ないた
ぶたが ないた
こぶたが ないた
町へ行けずに 迷った道で
こぶたが ないた
ないたとて ないたとて
親なし こぶた
おなかが すいても たおれても
よぎりに だかれて いるだけだ

ぶたが ねむる
ぶたが ねむる
こぶたが ねむる
歩きつかれて なみだをためて
こぶたが ねむる
おやすみよ おやすみよ
なきむし こぶた
あしたは 元気を 出すんだよ
だれかが ひろって くれるだろ

(三番の歌詞は、ねこまんまさんに教えてもらいました。ぶーぶー)


戻 る