「僕は特急の機関士で」

三木鶏郎作詞・作曲

戻 る



(東海道の巻)

「十番線から大阪ゆき一、二、三等特別急行列車発車いたします」

僕は特急の 機関士で
可愛い娘が 駅毎に
いるけど 三分停車では
キスする ヒマさえ ありません
東京 京都 大阪
ウウウウウウウウ ポポ

熱海湯の町 恋の町
貫一お宮の 昔から
いとし恋しの 二人づれ
闇のトンネル 通りゃんせ
東京 京都 大阪
ウウウウウウウウ ポポ

右に見えるは 富士の山
左に見えるは 駿河湾
仲をとりもつ 展望車
沼津食わずの 三等車
東京 京都 大阪
ウウウウウウウウ ポポ

ハモニカ娘は 浜松で
ドレミファソラシド 紅のあと
これに見とれて 浜名湖の
チョイと ウナギに笑われる
東京 京都 大阪
ウウウウウウウウ ポポ

「皆さま お子さま方のお楽しみ 浜松名物ハーモニカはいかがでございますか」

名古屋にお城は あるキャアモ
金のシャチホコ あるキャアモ
守口大根 細長く
彼女のアンヨに 似るキャアモ
東京 京都 大阪
ウウウウウウウウ ポポ

京都だらりの 舞妓はん
祇園(ぎおん) 京極(きょうごく) ポント町
ポント背中を 叩かれて
忘れやしたら イヤどすエ
東京 京都 大阪
ウウウウウウウウ ポポ

ネオン・サインの 大阪は
心斎橋から 御堂筋(みどうすじ)
もうかりまっかと きかれても
トントほんまに アキマヘン
東京 京都 大阪
ウウウウウウウウ ポポ

(九州巡りの巻)

博多よいとこ 柳町(やなぎまち)
仁輪加(にわか)芝居の おかめさん
よくよく つくづく眺めたら
僕の彼女に そっくりたい
福岡 久留米 鹿児島
ウウウウウウウウ ポポ

久留米がすりは 思いつき
佐賀の怪猫(かいびょう)は ウンがつき
三池炭坑 けむる月
にやけ男に 愛想(あいそ)つき
福岡 久留米 鹿児島
ウウウウウウウウ ポポ

砂の浜辺に お湯が湧(わ)
お湯の中には 花が咲く
もしも うそだと思うなら
チョイト別府に寄ってみな
福岡 久留米 鹿児島
ウウウウウウウウ ポポ

船は出てゆく 佐世保から
泣いてる可愛(かわい)い 娘さん
また逢う日まで グッドバイ
書いてちょうだい ラブ・レター
福岡 久留米 鹿児島
ウウウウウウウウ ポポ

長崎出島の 街角で
蝶々さんに 似た娘
よかでしょうかと 口説(くど)いたが
あたしゃバッテン 恥(はず)かしか
福岡 久留米 鹿児島
ウウウウウウウウ ポポ

島原娘の 言うことにゃ
踏絵に泣いた キリシタン
ホンに夢では ないわいな
雲仙岳の 涙雨
福岡 久留米 鹿児島
ウウウウウウウウ ポポ

阿蘇が見たけりゃ 熊本で
乗りかえなはいは いいけれど
使い果して 金がない
どぎゃんしょかい 困ったばい
福岡 久留米 鹿児島
ウウウウウウウウ ポポ

ここは鹿児島 桜島
煙草ヨカチョロ 国分から
南 屋久島(やくしま) 種子島(たねがしま)
これが日本の どんづまり
福岡 久留米 鹿児島
ウウウウウウウウ ポポ

(東北巡りの巻)

花は上野か 浅草か
汽車が出てゆく ホームまで
送りに来るのは どの娘(こ)かと
思っているうち 発車ベル
上野 仙台 青森
ウウウウウウウウ ポポ

郡山から イナワシロ
会津磐梯(あいづばんだい) 庄助さん
朝寝 朝風呂 朝酒じゃ
身上(身上)なくすは あたりまえ
上野 仙台 青森
ウウウウウウウウ ポポ

福島すぎれば 飯坂(いいざか)
温泉ジャブジャブ ホットジャブ
ホッと一いき 都々逸(どどいつ)
うなりたくなる 三味(しゃみ)の音
上野 仙台 青森
ウウウウウウウウ ポポ

仙台名物 青葉城
おススにスンブン 買いましょか
マツスマ見物 降りましょか
それとも蔵王に ゆきましょか
上野 仙台 青森
ウウウウウウウウ ポポ

岩木山から 見下ろせば
春は桜の 弘前(ひろさき)
チリリンチリリンと 自転車で
石中先生と若い人
上野 仙台 青森
ウウウウウウウウ ポポ

秋田おばこは十七で
ぬれるしぐれに 傘はなし
(ふき)の葉っぱを ちょんぎって
相合傘(あいあいがさ)の お楽しみ
上野 仙台 青森
ウウウウウウウウ ポポ

酒田おばこが 来るかやと
田圃のはずれに 出てみれば
おばこ来もせで 用もない
税務署なんかが やってくる
上野 仙台 青森
ウウウウウウウウ ポポ

赤いリンゴが 青森の
山に野に満つ 街に満つ
どうしてこんなに 豊作か
リンゴの気持は わからない
上野 仙台 青森
ウウウウウウウウ ポポ

(北海道巡りの巻)

君が船なら 僕は汽車
二人手をとり 函館へ
迎える牧場の みどり色
鈴蘭咲いてる 夢の島
函館 小樽 札幌
ウウウウウウウウ ポポ

あなたと私は 登別
(くだ)りは一緒の 不思議な縁
新婚旅行は 何処(どこ)へゆく
洞爺湖畔(とうやこはん)の ハイキング
函館 小樽 札幌
ウウウウウウウウ ポポ

小樽の光 窓の雪
雪によろこぶ スキーヤー
やがて雪どけ 春が来りゃ
にしんにはずむ 港町
函館 小樽 札幌
ウウウウウウウウ ポポ

石狩平野の 札幌は
バターにミルクに 定山渓(じょうざんけい)
なんとはるばる 北の果(はて)
アカシアつられて 来たわいな
函館 小樽 札幌
ウウウウウウウウ ポポ

留萌(るもい)へゆくなら 夏がいい
桜と紅葉(もみじ)の 神居(かむい)コタン
すぎて夜明けは 旭川
朝のかえりの 常盤橋(ときわばし)
函館 小樽 札幌
ウウウウウウウウ ポポ

阿寒湖畔の 山々は
サマンケヌプリ コトニヌプリ
そんなりプリプリ おこらずに
テシカガ温泉 いかがです
函館 小樽 札幌
ウウウウウウウウ ポポ

スキーは十勝か 大雪山
父さん温泉 愛山渓(あいざんけい)
天神峡(てんじんきょう)から 層雲峡
二階の窓から 双眼鏡
函館 小樽 札幌
ウウウウウウウウ ポポ

にしん さけ たら ます こんぶ
いわし いかにと ほたて貝
魚で半年 くらすなら
あとの半年 ねてくらす
函館 小樽 札幌
ウウウウウウウウ ポポ


楽譜情報を菅野さんにいただきました。ありがとうございます。(2001/05/24)
sinnmaebasiさんに校正ミスをご指摘いただきました。感謝。(2003/01/24)


戻 る