「あわれの少女」

大和田建樹作詞・フォスター作曲/明治21年

戻 る



吹き捲(ま)く風は かおを裂(さ)
みるみる雪は 地にみちぬ
あわれ すあしの おとめ子(ご)
別れし母を よぼうらん

つづれのきぬの やれまより
身を刺すさむさ いかほどぞ
あわれ ぬれゆく おとめ子よ
世になき家(いえ)を たずぬらん

こがねのはしら 玉の床(ゆか)
世界は 同じうちなるに
あわれ こごえし おとめ子よ
たたずむ軒(のき)も うずもれぬ

(同曲の「故郷の人々」はこちら)


戻 る