「主人(あるじ)は冷たい土の中に」

武井君子訳詞(1)/勝承夫訳詞(2)・フォスター作曲

戻 る



(武井君子訳詞)

1.
青く晴れた空 白い雲
そよ風優しく 昔を語る
思い出す あの笑顔
眠れよ静かに 静かに眠れ

2.
呼んでも還らぬ 遠い日よ
春夏秋冬 月日は巡る
思い出す あの笑顔
眠れよ静かに 静かに眠れ

(勝承夫訳詞)

1.
思い出さそうよ 吹く風も
帰らぬ主(あるじ)の あと追うように
今もなお 目に浮かぶ
姿よ眠れよ 大地は静か

2.
小鳥はさえずり 野はみのり
寂しく春秋 いつしか過ぎて
今もなお 目に浮かぶ
姿よ夕べに はるかにしのぶ

水田詩仙訳詞の「主人は冷たき土の下に」は、こちら
加藤義清作詞の「春風」は、こちら


戻 る