「仰(あお)げば尊(とうと)し」

作詞作曲者不詳(注)

戻 る



仰げば とうとし、わが師の恩。
(おしえ)の庭にも、はや 幾年(いくとせ)
思えば いと疾(と)し、この年月(としつき)
今こそ 別れめ、いざさらば。

(たがい)にむつみし、日ごろの恩。
別るる後(のち)にも、やよ 忘るな。
身を立て 名をあげ、やよ はげめよ。
今こそ 別れめ、いざさらば。

朝夕 馴(なれ)にし、まなびの窓。
螢の ともし火、積む白雪(しらゆき)
忘るる 間(ま)ぞなき、ゆく年月。
今こそ 別れめ、いざさらば。

(注) 「仰げば尊し」については、日本人作曲なのか外国曲の借り物なのかを含め、
作曲者及び作詞者を不詳としていましたが、若山さんから頂いたメールで、その原曲(外
国曲)と原詞(英語詞)が判明しました。若山さん、ありがとうございます。(2015/03/20)
詳しくは こちらをクリックしてください。楽譜と原詞を入れた別のページが開きます。


戻 る