「愛して頂戴ね」

西條八十作詞・中山晋平作曲

戻 る



ひと目見たとき 好きになったのよ
何が何だか わからないのよ
日暮れになると 涙が出るのよ
知らず知らずに 泣けてくるのよ
ねえ ねえ 愛して頂戴ね
ねえ ねえ 愛して頂戴ね

逢った時には なんにも言えずよ
うしろ姿に ただ泣くのよ
女心は 深山のさくらよ
人に知られず 赤く咲くのよ
ねえ ねえ 愛して頂戴ね
ねえ ねえ 愛して頂戴ね

夜中にあなたの お目がさめたら
それは私が 呼んだ声よ
思う心が 風になってよ
いとしお部屋の 窓をうつのよ
ねえ ねえ 愛して頂戴ね
ねえ ねえ 愛して頂戴ね

ひと目見たとき 好きになったのよ
何が何だか わからないのよ
日暮れになると 涙が出るのよ
今日もひとりで 泣いているのよ
ねえ ねえ 愛して頂戴ね
ねえ ねえ 愛して頂戴ね


戻 る