わたしの愛唱歌シリーズ郵便切手


昭和54年8月から昭和56年3月にかけて発行された「日本の歌シリーズ切手」は、こちら


「愛唱歌」とは、詩や曲が好きでよく歌う歌のことである、と郵便局においてあった資料に書いてありましたが、ジャンルを問わず親しまれている歌が「わたしの愛唱歌」シリーズ切手として発行されます。
題材となる曲は、平成9年3月から5月までの間に実施された「わたしの愛唱歌切手アンケート」の結果と音楽専門家など有識者の意見を踏まえて選定され、下表のとおり全9集、18種類の愛唱歌切手がほぼつつがなく発行されました。めでたしめでたし。

発行年月日 題 材 曲 目
第1集
平成9年
10月24日
いい日旅立ち

紅葉の山を背景に、しあわせを探しに旅立つ女性がプラットホームで電車を待つ情景を描いています。

[歌詞と演奏]

谷村新司作詞・作曲

《切手データ》
料額:50円
発行枚数:2,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(にぶ黄、赤味だいだい、青緑、うす青味紫、紫味灰、黒)
原画作者:黒井健(イラストレーター)

月の沙漠

おぼろに煙る三日月に照らされ、駱駝に乗った王子と王女が沙漠の中を進んで行くところを描いたもので、作詞者の故加藤まさを氏自身の作品です。

加藤まさを作詞・佐々木すぐる作曲

《切手データ》
料額:80円
発行枚数:2,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア5色(黄色、明るい緑味青、うす紫、にぶ青、暗い紫)
原画作者:加藤まさを(画家、「月の沙漠」の作詞者、故人)

第2集
平成9年
12月8日
砂山

原画作者の心象の海岸風景です。夕暮れの砂山を歩く一人の人物と、空に鳥の飛ぶ様子を描いています。

[歌詞と演奏] (←中山晋平作曲)
[歌詞と演奏] (←山田耕筰作曲)

北原白秋作詞・中山晋平作曲

《切手データ》
料額:50円
発行枚数:2,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(明るい黄緑、明るい茶、灰色、紫味青、暗いオリーブ、だいだい色)
原画作者:國領經郎(洋画家)

ジングルベル

雪山、街灯、流れ星を背景に、そりを引くトナカイが走る姿を描いた様子を影絵により表現しています。

[歌詞と演奏]

宮沢章二作詞・ピアポント作曲

《切手データ》
料額:80円
発行枚数:2,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(にぶ黄、紫味赤、にぶ青紫、明るい青、灰味青紫、金)
原画作者:藤城清治(影絵作家、イラストレーター)

第3集
平成10年
1月26日
シャボン玉

「シャボン玉」の曲のイメージにあった、いわさきちひろ氏による作品。シャボン玉を吹いて遊ぶ一人の少女を美しい色の世界に描いています。

[歌詞と演奏]

野口雨情作詞・中山晋平作曲

《切手データ》
料額:50円
発行枚数:2,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(黄色、うす紫、明るい赤、明るい青、紫味灰、暗い赤味灰)
原画作者:いわさきちひろ(絵本画家)

北国の春

「北国の春」の歌詞に出てくる風景をイメージした堀文子氏による作品。まだ雪の残る山々と春の青空を背景に、こぶしの花を描いています。

[歌詞と演奏]

いではく作詞・遠藤実作曲

《切手データ》
料額:80円
発行枚数:2,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア5色(黄色、灰色、青、にぶだいだい、暗い青味灰)
原画作者:堀文子(日本画家)

第4集
平成10年
3月16日
めだかの学校
校正ミスで刷り直し。発売は3月23日。

「めだかの学校」の曲のイメージに合った、西岸良平氏の作品。めだかの学校を、そっと覗いている女の子が描かれています。


[歌詞と演奏]

茶木滋作詞・中田喜直作曲

《切手データ》
料額:50円
発行枚数:2,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(黄色、赤、緑味青、青味緑、暗い青、銀)
原画作者:西岸良平(さいがん・りょうへい)(漫画家)

青い山脈

歌詞に出てくる風景をイメージした安野光雅氏の作品。雪解けの山々と、緑の木々を背景に、希望を胸に抱いた若者が描かれています。


西條八十作詞・服部良一作曲

《切手データ》
料額:80円
発行枚数:2,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(黄緑、ピンク、青、茶灰、青味灰、金)
原画作者:安野光雅(あんの・みつまさ)(画家・イラストレーター)

第5集
平成10年
5月25日
野ばら

緑の野原いっぱいに咲く可憐な野ばらの花と、カラフルな鍵盤が歌に合わせて楽しそうに踊る様子が描かれています。

[歌詞と演奏] (←シューベルト作曲)
[歌詞と演奏] (←ヴェルナー作曲)

近藤朔風訳詞・シューベルト作曲

《切手データ》
料額:50円
発行枚数:2,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(黄色、明るい赤、青、明るい赤味紫、明るい青緑、緑味灰)
原画作者:早川良雄(グラフィックデザイナー)

みかんの花咲く丘

みかんの花が咲いている丘、赤く染まった空、穏やかな海とそれに浮かぶ島々を背景に、みかんの花を片手に遠くを見つめている女学生が描かれています。

[歌詞と演奏]

加藤省吾作詞・海沼実作曲

《切手データ》
料額:80円
発行枚数:2,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(黄色、ピンク、にぶ緑味青、にぶ青緑、紫味黒、金)
原画作者:蓬田やすひろ(イラストレーター)

第6集
平成10年
7月6日
この道

花束を両手に抱えた女性が青い空のもと、白い時計台に続く一本の道を歩いていく様子を描いています。

[歌詞と演奏]

北原白秋作詞・山田耕筰作曲

《切手データ》
料額:50円
発行枚数:2,400万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(明るい赤味黄、黄緑、青緑、明るい青、灰味黄茶、金)
原画作者:葉 祥明(画家、イラストレーター)

われは海の子

波打ち際に、日焼けした少年が海で捕らえた魚を手にして誇らしげに立っている様子を描いています。

[歌詞と演奏]

作詞作曲者不詳

《切手データ》
料額:80円
発行枚数:2,400万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(黄味だいだい、にぶ赤紫、青、暗い黄緑、明るいオリーブ、黒)
原画作者:村上 勉(画家、イラストレーター)

第7集
平成10年
11月24日
りんごの唄

歌詞に登場する女性をイメージし、その女性が赤いリンゴにささやいている様子を爽やかに描いています。

サトウハチロー作詞・万城目正作曲

《切手データ》
料額:50円
発行枚数:2,400万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(にぶ黄、赤紫、明るい赤、緑味青、暗い灰、金)
原画作者:灘本唯人(イラストレーター)

おもちゃのチャチャチャ

箱を飛び出して楽しそうに踊るおもちゃを、カラフルに描いています。

[歌詞と演奏]

野坂昭如作詞・吉岡治補作・越部信義作曲

《切手データ》
料額:80円
発行枚数:3,000万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(黄色、赤紫、明るい赤、青、紫味青、銀)
原画作者:ヒロ・ヤマガタ(画家)

第8集
平成11年
1月26日
川の流れのように

雪景色の中をゆるやかに、おだやかに流れる川の風景を描いています。

[歌詞と演奏]

秋元康作詞・見岳章作曲

《切手データ》
料額:50円
発行枚数:2,400万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(青、うす青、灰味紫、赤茶、銀、金)
原画作者:加山又造(日本画家)

四季の歌

四季の妖精たちが輪を作って楽しそうに踊る様子を描いています。

[歌詞と演奏]

荒木とよひさ作詞・作曲

《切手データ》
料額:80円
発行枚数:2,400万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色(黄色、赤味黄、紫味赤、青、青味紫、黒)
原画作者:永田萌

第9集
平成11年
3月16日
上を向いて歩こう

星空のもと、涙が出てこないよう上を向いて歩く故坂本九さんをイメージさせる人物を描いています。

永六輔作詞・中村八大作曲

《切手データ》
料額:50円
発行枚数:2,400万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色
原画作者:和田誠(イラストレーター)

早春賦

早春の肌寒い風の中に立つ塔を中心に、美しい古都をイメージした風景を描いています。

[歌詞と演奏]

吉丸一昌作詞・中田章作曲

《切手データ》
料額:80円
発行枚数:2,400万枚
印面寸法:たて33.5mm、よこ25.0mm
版式・刷色:グラビア6色
原画作者:平山郁夫(日本画家)



カットは 「インターネットの小物入れ」より

戻 る