「児島高徳(こじまたかのり)

作詞者不詳・岡野貞一作曲/文部省唱歌

戻 る



一、
船坂山(ふなさかやま)や杉坂(すぎさか)
(み)あと慕いて院の庄(いんのしょう)
微衷(びちゅう)をいかで聞こえんと
桜の幹に十字の詩
『天(てん)勾践(こうせん)を空(むな)しゅうする莫(なか)
(とき)范蠡(はんれい)無きにしも非(あら)ず』(注1)

ニ、
御心(みこころ)ならぬいでましの
御袖(みそで)露けき朝戸出に
(ずん)じて笑(え)ますかしこさよ
桜の幹十字の詩(注2)
『天(てん)勾践(こうせん)を空(むな)しゅうする莫(なか)
(とき)范蠡(はんれい)無きにしも非(あら)ず』


(注1) 太平記(四)
 然るべき隙も無りければ、君の御座ある御宿の庭に大なる桜木有けるを、押削りて大文字に、一句の詩をぞ書付けたりける。
天莫空勾践 時非無范蠡
(注2) 二番のこの部分の歌詞を「桜の幹十字の詩」と誤記していました。ようこさんにご指摘頂きました。ありがとうございます。(2003/07/13)
(注2補足:gonbe007) なお、一番の歌詞の4行目の「桜の幹十字の詩」は、「に」のままでOKです。


戻 る